TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

仙台カレーイベント

1r1048992_2 カレーのイベントで、手伝い兼
出店兼、農家とのつなぎ役で出かけました。


ネパールインドカレーの店あちゃーるさん主催、
仙台カレーフェスティバル。

 

 


1r1048989_3 まずは、マサラワーラー(出張スパイス料理人さんと言っていいのでしょうか?)
のタケダさん(35歳)を、無農薬の秋保の畑にご案内。
本当はここで収穫して、それをカレーに仕立てる予定でしたが
時間的に仕込ができないということで
とりあえず、朝、畑に案内して、こんな風に野菜ができて
収穫体験をしていただきました。
それにしてもなんて楽しそうに、収穫をする人なんだろう、
思わず、こっちまでにこにこにこってしてしまいます。



1r1048998_2 畑はあいにく、強風が吹きあれていて
人参の葉が、こっちにあっちに揺れていました。
もう食べごろにはなっていますが
冬、雪の下から掘り出すと甘みが乗って、
おいしくなるのでその頃にお届けします。


収穫はしませんでしたが、キャベツも見て頂きました。
苗から、大きくなる最初のころは、虫を見つけては取らないとだめになってしまうのですが
このくらい大きくなるとあとは、キャベツの力が勝つので何もしないとのこと。
ウォーリーを探せ」みたいな感じです、青虫を探すゲームみたい。



1r1049002 こんなな感じで並べました。
会場は狭く、ギューギューでしたので、
あまり目につかなかったかと思います。
外に並べればよかったかな。






1r1049023 タケダさん、頭にずっとつけていたのは、ビデオ。
録画していたそうです。
ここでもにこにこしながら、大根を炒めていました。
見た目、大根をかき混ぜて遊んでいるようにしか見えなかった。
厨房が端っこにあったので、
先頭の方以外は見えなかったかもしれません。

左端が、東京から招へいしたマサラワーラーのうちの二人目、
カシマさん(age35)。


1r1049032 写真真ん中にいるのが、元プンチランカのソネさん。
カレー屋さんとしては閉店後、さまざま模索中の御様子。
今回個人的に一番の楽しみが、彼のカレーでした。
さんまさすがの味。
写真その左にいるのが、スープカレーさくらのキタさん。
こちらはなんとホルモンの芋煮カレーでした。
何らかのインスパイア系でしょうか。



1r1049066 夜、スタッフたちみんなで泊まりました。
なぜか妙な、動きの会になったりしてました。
撮ってごめんなさい。

飲みながら、みんなの動きが素早いこと。プロレスごっことか
騒いで、見学しながらふっと気が付いたことは、ぼくが一番年上…。
がーん。

そして、寒いお風呂にもめげず、いつしか睡眠について
いくのでした。 

 
 

 

それはそうと、野菜を生かしてくれる料理のひとつとして
肉を使わないネパール料理というのは、とても魅力的に
おいしく感じるこのごろです。
機会あれば、インドやネパール料理屋さんに足を運んでみてください。

野菜だけなんて、という足りなさは微塵も感じる
むしろさわやかなおいしさで身体が満たされる感覚を
味わえると思います。

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp