TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

こんにゃく

f:id:taroyaoya:20141004111054j:plain


岩手のこんにゃく屋さんに行ってきました。
ドラゴンレール線、竜の背中の部分にある駅の近く。
でも全体が田舎の感じなので、静かな町の駅です。

出会いはものからでした。
無農薬の自家製生芋蒟蒻から、こんにゃくを
作るって、とんでもない人だと、驚いたものです。
なんでそこまでする、そしてそんなに高くない。
無農薬でこんにゃくをつくるのは難しいと聞きますし
あまりきいたことがありません。それに
ほんとに生芋?といぶかしんだものですが
食べるとおいしい。

 

f:id:taroyaoya:20141007234926j:plain

写真は収穫したこんにゃくいも

おいしいというのが先でもなく、後でもない
無農薬というのはあるようであまりないものです。
お電話ではいろいろお話をさせて頂いていましたが
初めての、工場見学。

じっさい直接おはなしをさせて頂くと
気さくな方で、さらにいろんな種類のこんにゃくがあるので
いろいろお尋ね。

生芋の量が足りないので、こだわっているところに
しか生芋蒟蒻は出していないんです。
向かいのスーパーにすらだしていない。
製造もTAROさん優先で、できないと断っているところも多いんです。
お付き合い始めた最初のころは、手ですっていたこともあって
なかなか製造も大変でした。

 

f:id:taroyaoya:20141004111112j:plain

写真は夏のこんにゃく畑

どうしてらおいしいかなと、日々試行錯誤。
そしてどこまでこだわればいいのかな
と、自分でもわからなくなるときがあります。
こんにゃく粉ではいけないのかな、
作りやすさや歯ごたえとか
いろいろ特徴もあるので、そっちのほうがいいというひともいる。

地元をもっと盛り立てていきたいし
地元でこんにゃく芋をもっとつくってもらって
こんにゃくの里にしたいという夢もあります。
原木椎茸もたくさんあるので、それをこんにゃくに練りこんで
玉こんにゃくとかもつくっています。
椎茸のだしもでで、味も染みておいしいんです。

 

 

どこかで、無農薬こんにゃくいも作ってくれる畑ないかなあ

送ってくれれば、加工して送り返すという委託加工も

やれるといいます。

 

 

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp