TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

自然菌の納豆

日常でも、どこにいても
これはどうだ、というようなものに出会うと
結構、探って食べることが多いです。でも仕事にむすびつけて
ではなく、けっこうなにかをいつも求め、探しているみたいです。
鉱脈のような、それはものというより、ひと。

出先でみつけたところから始まるお付き合いもあります。

こんにゃくもそんな出会いでした。

たぶんぼくは人と出会いたいのだと思います。
ただ、おいしい美味しくないというものとしての評価ではなくて。

なにかに(ときに無駄に)情熱を燃やしているひととつながりたい。

 


そんなに納豆好きではないのにこんなふうに書くのは気が引けますが
おいしい納豆って、やさしいまるで(たぶん)作ったひとの味がするような
気がするんです。
とがっていない。

それが今回出会った、写真の納豆。
秘伝豆の無農薬わらつと自然菌の納豆

f:id:taroyaoya:20141013220304j:plain

これ、庄内に出かけた時に、泊まった旅館の朝食に出たものです。
で、やっぱりその足で教えてもらった納豆屋さんに向かったのでした。

 

f:id:taroyaoya:20141013220322j:plain


納豆って、シンプル。
四つの要素しかありません。
大豆。納豆菌。製造技術。鮮度。
けど、大豆といっても農法から、品種で多様。
納豆菌は国内で確か山形宮城での四か所らいくしかないらしいけれど、
製法もいろいろで、なかなか一筋縄ではいきません。
おいしい納豆がなくて、正直年々納豆が苦手になってきています。
特有の苦みえぐみ。
昔は違ったような気がするのだけれど。

 

こうなると、もう自分で作ってみるしかないような気がしてきました。
こんにゃくは製造許可を必要としないと、こんにゃく屋さんが言っていましたが
…なら、納豆はどうなんだろうと思って調べてみると、いるんですね。…
まあ販売しなければいいんでしょう。
って、だんだんなにしたいんだかわかんなくなってきましたけど

 

 

で、そこで納豆を2000円分買ったので、

ただいまいろいろ試食中。

 

最初の三つは西友で比較用に買ってきたもの。

f:id:taroyaoya:20141014212806j:plain

苦みありとくにおいしくも

f:id:taroyaoya:20141014212819j:plain

普通の納豆はこういう苦みが特徴タレ必須

f:id:taroyaoya:20141014212829j:plain

苦くて豆がえぐい

f:id:taroyaoya:20141013220858j:plain

納豆の風味がいいが豆に少し苦み

f:id:taroyaoya:20141013221029j:plain

豆の味うすくちょい苦み

f:id:taroyaoya:20141013221104j:plain

〇納豆くささがなくまろやか

f:id:taroyaoya:20141013221224j:plain

〇風味がいいまろやかで癖がない(これ菌はなんだったっけかな)

 

結局、わらつと納豆を食べておいしいと思ってしまったので

それに近いものがおいしいと感じるみたいな食べ比べになりました。

 

 

材料に無農薬のものを使って作ってもらえたらいいのにな…。

ちなみに一番最初のわらつと納豆は2本で1050円しました。

 

 

 

 

 

 

 

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp