TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

タケノコ食べに旅

f:id:taroyaoya:20150516233742j:plain

山形庄内、湯田川温泉近くの孟宗竹の筍が、
とっても柔らかくておいしい
そしてそのシーズンの間、孟宗(竹)料理をだす宿があると

その地区のとある営業担当していたお客さんの旦那さま、
いわく一年前でも予約はとれないのだと。

 

聞いたもののダメだろうなあと、検索したら
孟宗竹コースの料理で安い部屋があっけなく取れちゃったので、、
…これはもう乗ってみるしか
というわけで、行ってきました。

 

f:id:taroyaoya:20150516233206j:plain


思い起こせば、朝どりの大きな丸森のタケノコを皆さんに
一本づつお届けしたことがありました。

朝四時に掘ったという、丸森の山の中のタケノコ
車で生産者さんとぼくとお互い1時間走って岩沼で待ち合わせ、朝七時。
それから配達に回ってということをしていたことが
年に、二週間ほどがありました。

あのとき いろいろ度外視で ただ、いいものをお届けしたくて
生産者さんもぼくも。

 あのころとにかくぼくも毎日大なべで茹でたものです。筍。

まいにち筍。

 

そして、あの原発事故(事故?)から、丸森のたけのこは放射能が検出されています。

あのころに戻って同じようにつなげること
いまからもう一度できるかというと、体力的に微妙かも。
いや それより 汚染され いまだにでる 放射能なわけで、
ふたたび収穫し あくぬきせず茹でたり焼いただけでおいしいと 食べられる
あのたけのこが 出せるのはあと何十年。

たけのこた食べるからと、作ったいのしし肉加工工場すら検出の為非稼働。
すごくたけのこ好きで、たべたいとかいうわけではないのだけれど
そんなこんなで、タケノコ食べに、湯田川。

 

ここの旅館は (大)女将が藤沢周平が湯田川中学教員時代の教え子だったそうで
その縁で ここに泊まったとのこと。
で 面白いのは、教えてくれたお客さんのおじいちゃんが、
その中学の上司で藤沢周平を指導していたとのことなんです。

ぼくは、藤沢周平がとまった部屋にたまたま案内され たことで
そんなことに思いはせていました。
この部屋には、蝉しぐれを連載中に来て泊まったとのこと
その映画は観ました。

あっただ遊びに行ったわけではなくて

帰りにもちろん、生産者さんのとこを回って

いくつか仕事をして、帰ってきたので

その結果は、いずれお届けします。

 

写真は、地元料理だという

酒かすと味噌の孟宗(筍)汁、ほかにも趣向を凝らしたものがあったのだけれど

シンプルなこれが一番おいしかった。、

 

 

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp