TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

アスパラさん

さいきんあっちこっちに週末出かけること、

今日は秋田に行ってきました。

なんだか最近秋田によく行きます。
なんでだかわかりませんが
なにか縁があるのでしょうか。

と言ってもお気に入りの岩手の花巻、湯田、経由でして
新緑、川面眺めながらのドライブが好きなんです。
(山形経由の方が近いのですが、退屈なのです…)

f:id:taroyaoya:20150531205951j:plain

目指したのは、湯沢のアスパラ農家さん。
暑い日差しの中、一日に鳥海の伏流水である
地下水をくみ上げ四時間水やりをする話、

やはり鳥海からの、吹き降ろす風で
アスパラの穂先が曲がってしまう話、

もみ殻燻炭と自家製ぼかし肥料を
六年前にがっちりと1メーター掘って、
アスパラの根元にうめた工夫、それで
通常は数年しか肥料なしでもたないのに
うちのは6年以上も追肥しないでやっていける、
ちからある土だということ、

1日に30センチも伸びるアスパラには驚きました、
竹の子みたい。
ちょっと曲がっても、長さが足りなくてもJA基準では
出せないという、出せないというのは廃棄されてしまうので
もったいなくて出せないということ。
作物であり食べ物であり、命なのにね。
ほんの少しの曲がりのせいで機械が、
止まってしまうから出すなと怒られるのだと。

それはそうと、
アスパラ、とてもおいしいのです。
甘い、風味があり、生産者さんは、取り立てを味見で
なまでも食べるのだといいます。
たまによそのを試しに買って食べるけど
全然違う、と胸を張ります
ぼくもそう思いました。

アスパラって、そんなににょきにょき出るなら
みんな植えれば、簡単と思うのですが
仙台あたりは土地も高いので、1年のうち、2か月くらいしか
出せない、アスパラよりやっぱり小松菜、になっちゃうんですね。
これはしょうがない。


ぼくも庭で去年ホームセンターで買った
アスパラを植えたのですが、今年花が咲いていました。
なんで?ここのはそういう花はないと訪ねると
予想外のお答えが。
愕然としました。

アスパラって、オスとメスがあるんだそうです。
そして花が咲くのはメスで、アスパラは細いのしか
でない、だから抜いて植え替えてしまう。
別にメスがなくてもオスだけで立派なアスパラが出てくるので。

アスパラって価格も高いので頻繁にお出しすることできないので
季節も少ないし年に何度かのおつきあいになるかと思いますが
よろしくお願いします。
おひとりでの作業は、孤独で大変と思います。
今後、もし可能なら収穫隊として
お客さんを募集し、伺うというのも、お互い
刺激になっていいのかもしれません。

そのときは、山形経由で…、
2時間かからずいける距離のようですので。

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp