TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

直売所

直売所にだしている生産者さんが
つぶやきました。
「大根がいつも売れ残ってしまって。
まわりのひとがずいぶん安いんです、
一本50円なんてつけるから、信じられない。
それじゃ種代にもならないのに、
まわりの大根が高く見えて売れ残ってしまう。
悲しくなる」と。

直売所で規制はされないの?ときくと
「直売は安い、新鮮を売りにしているから
その日に売れきれる安い価格は願ったりなんです」と。
「このままではどんどん安くなって
再生産できる価格ではなくなってしまう」と、
危惧しています。

それは、年金をもらいながら野菜を作り
こずかいになれば良いと言う
生産者が多いということらしいのですが、
無農薬以前に、普通に値段を下げざるをえなくなってきて、
農業で生きようとしている生産者は、
生産者間の競争にさらされ・・・。

海外のポストハーベストまみれの
野菜を排除しようとする前に
国産の農薬のものと戦い、
そして直売所での価格、鮮度競争と戦い、
結局食べて健康であるか、おいしいか、生命力を
感じるかという根幹の部分は、作った人、食べた人にしか
分からない。
へたをすると、作った人しか分からない、
食べる人のこと、虫のこと、川や、土のことを考えて
作った野菜なのに、
食べる人に伝わらないことも有る。
むしろけなされる要素のほうが多いかも。

ぼくたちは、もう少し、見えないものについて
作った人、間に立つ人が、
伝えなくてはいけないのではないか。
と改めて、思う。

【食べてみて、おいしいと言うより
野菜の生命力を感じて欲しい】
あー、伝わらないよ、これじゃぁ。
自分へ。

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp