TAROやおや’s blog

仙台で無農薬の野菜をセットにして配達しているやおやです。

畑の思いを抱えて、街を耕す

畑見学会企画中

人が握ったおにぎりを食べられないひとが 増えていると
新聞かなにかで目にしました。

一方で 安心安全だという言葉もラジオやなにかで
呪文のようによく耳にします。

とそのふたつを並べてみると、
機械がにぎったから衛生面で安全だし、変質しないよう添加物使ったから安心
といういいかたもできるわけで、
そういうおにぎりなら、みんなが食べられるわけですね
ただ、作る人の気持ちや食べる側の受け取る愛というか、
そういうなにかがないわけですが。

 


多賀城になりものいりでできた水耕栽培野菜工場は見込みほど売れず
会社更生法の適用をうけ、倒産したのは、
無農薬(正確には液肥のなかにすでに化学肥料と農薬をいれているので違いますが)
という「言葉」では売れなかったということよりも、
たぶん生産維持に電気代や資材に経費を かけ続けなくてはならない仕組みだから
なんだろうと思います。


無農薬野菜は、ほんとうに自然の影響をものすごく受けます。
資材や維持経費はそんなに掛からないけれど手間をかけています、

できた野菜を受け取る、ということは自然の
循環のなかに心もちを置くということに意味があると
思っています。結果としての無農薬、身体にいいとか
安心安全とかいうのではなくてね。

そんなふうに。

 

ひとが握ったおにぎりを食べられないという

人たちが増えているというのはさびしいことでそういう人たちに

無農薬野菜を食べてほしいものです、

無農薬野菜は勝手に機械が作っているではないので、想像力を

働かせて、いろんなひとや自然の中でできているというのを

感じてほしいものです。

 

近いうち改めて、告知しますが

来月初めに畑見学会をすべく企画中です。

日曜。

 

 

ホームページただいま製作中 基本セット5品1000円 標準セット6品1200円 満足セット7品1400円 大盛セット10品1950円 特盛セット13品2500円 他、ご要望に応じて苦手なものは他の野菜に入れ替えたり、追加注文可能です。 連絡先o9o36470122留守電のことが多いですが折り返します。 メールはyaoyaアトマークtaro.ne.jp